千葉の葬儀と風習

葬儀を行う手順や風習は各土地によって違いがあり、千葉県でも独特の風習があります。

▼Pickupリンク>>千葉の葬儀のアドバイスナビ

また、同じ千葉県でも都市部と農村部でも若干の違いがあるようです。

<参列者にお金を配る>

千葉県では長生きした人の葬儀の時に、長寿銭と呼ばれる紅白の紐を通した5円玉を入れた袋を来てくれた人に配る風習があるようで、この長寿銭を持ち帰った人は、長生きできると言われています。

また、千葉の別の地域では一部の高齢者たちが太鼓をたたいて、お坊さんと家族が南無妙法蓮華経を唱えて、100円を入れた袋を高齢者に手渡す習慣があるようです。

<通夜は賑やかに>

千葉の葬儀で都市部の場合には、通夜の時間は夕方から始まって約2時間から3時間で終わりますが、千葉県の農村部では通夜の時は一晩中起きていてみんなで食事をするそうです。

通夜の時は小さな子供でも眠らないように言われて、夜中にボーリングに行ったり、ひたすら食べて飲んでの繰り返しで、一人でも寝たら皆で起こすそうです。

また、告別式の時には、家族皆で故人との別れの杯として小さなコップで少量の酒を飲み交わす習慣もあるようです。

<各地域ごとの習慣>

松戸市では葬儀の時に、親族で小さなコップで少量の酒を飲み交わすそうですが、食事中に平たいもちに塩をつけて出席者に食べきってもらうという風習が残っているようです。

また、千葉県の一部の地域では葬儀の順番が異なり、通夜の前に火葬をして告別式を行う地域と通夜の後に火葬をする地域とあるようです。