千葉の葬式と形式

千葉の葬儀の種類については、仏式や神道式またキリスト教式など宗教と関連してそれぞれ形式が変わりますが、葬儀の規模にも違いがあり、密葬や家族葬または直葬、社葬では参加者の数もスタイルも違いがあります。

<一番人気なのは家族葬>

千葉ではほとんどの人が家族葬を行いますが、家族葬は家族に加えて、親族や友人を葬儀に呼んで故人との別れをする比較的小さな規模の葬儀です。

千葉では平均すると100人くらいの人が葬儀に参列し、近所の人の負担にならないように、少人数で集まりたい、また経済的負担を軽くしたいという理由で家族葬が増えています。

<家族だけで行う形式>

千葉の葬儀では、密葬を行う人も増えていて、家族と身内だけで行う小さな規模の葬儀が人気があります。

また、家族だけで行うスタイルには直葬もあり、直葬では葬儀をしないで、家族や友人など一部の人たちが直接火葬場で故人との別れをする形式を取ります。

以前は、直葬はお金がない人や身寄りがいない人が行っていましたが、近年では葬儀を簡素化したり経済的な負担を軽くするために、多くの人に人気があります。

<著名人は社葬>

千葉ではほとんどの人が葬儀の形で家族葬を選択しますが、一部では社葬も行われています。

社葬では、大きな会社の社長の葬儀の時や、会社の責任で社員が死亡したとき等に、会社がお金を支払って葬儀を行います。

社葬は参列する人の数が多いので、大きめの会場を前もって予約しておく必要があります。

このように、千葉では状況に応じていろいろな形式の葬儀が行われています。