千葉の葬儀と宗教

日本の葬儀の形式は、約90パーセントが仏式で葬儀が行われ、僧侶が来て南無妙法蓮華経を唱えることが一般的です。

しかし、千葉の葬儀の形式では、仏式だけではなく別の宗教や、無宗教の形式で行うものもあります。

<人気があるのは仏式>

千葉で仏式で葬儀を行う時には、故人が属している寺の僧侶に来てもらう都合があるので、前もって式の日付や戒名について、お布施の費用についても話し合っておく必要があります。

故人が属している寺が千葉ではなく別の県にあっても、同じ宗派の千葉の僧侶に来てもらえますが、どこの寺にも属していない人については、葬儀社と話し合って、宗派に合わせた僧侶を派遣してもらうこともできます。

<キリスト教式について>

仏式と違ってキリスト教の葬儀は複雑ではないので、葬儀の費用が比較的安く済むこともあります。

キリスト教式の葬儀においては、賛美歌を歌ったり聖書の朗読を聞くので、前もって聖書の聖句と歌詞が印刷されたカードを渡された時に受け取っておくことができます。

また、キリスト教の考え方では家族の死は悲しくても、不幸な出来事ではないので、挨拶でお悔やみを述べることはありません。

<無宗教の自由葬>

無宗教葬は、宗教とは関係ない自由なスタイルが基本で、故人の告別式や追悼式を皆で集まって行います。

宗教とは関係ないので自由なスタイルで式を行い、告別式の時に、花と写真を置いて故人の思い出のビデオを上映したり、故人が生きている時に好きだった音楽を式場で再生させて場を和ませます。