千葉の葬儀の仕方

葬儀に関する法律の中に、死亡してから丸一日が経った後に火葬することや墓地ではない土地に遺体を埋葬また埋蔵してはいけないといった決まりがあるので、しっかりと守らなければなりません。

しかし、それ以外の部分は個人で決めることになるので、千葉の葬儀に関して家族としっかりと話し合って決めることができます。

<通夜を行うか>

通夜はもともと葬儀の前の夜に、家族や友人が一晩中遺体に付き添って個人の遺体を守ることが目的でしたが、最近では一晩中は行わずに夕方6時ごろから約2時間くらい行うのが主流になりました。

最近の千葉では、経済的な理由や葬儀を簡単に済ませたい人のため、通夜をしないで親族だけで直接遺体を火葬するスタイルを取る人が多くいます。

<お別れ会や偲ぶ会は行うか>

千葉では葬儀は家族と親族だけで簡単に済ませて、日を改めてお別れ会や偲ぶ会としてホテルや大きな式場で故人の友人や知人を呼んで集まります。

この時に、故人の生きていた時の話しを聞いたり生前のビデオを見たりして思いにふけることもあります。

<自然葬や散骨について>

希なこととして、自分が死んだら墓は作らずに骨を海や山または川などに散骨してほしいと頼む人がいます。

千葉では自然葬を選んだ時には、葬儀は普通に済ませて、何日か経ってから海や山に散骨するそうで、散骨の仕方は葬儀社とあらかじめ連絡し合う必要があります。

散骨の仕方でも、海に一部の骨をまくケースと全部の骨を山にまくケースがあります。

※関連記事⇒《URL:http://style.nikkei.com/article/DGXKZO90264530X00C15A8W11001